NISSAN Skyline GT-R

PRICE:
ASK
Photo Gallery

    Impression

    まさに奇跡だ。
    生産台数1,197台の後期ハコスカKPGC10が登場した。
    その名の通りレーシーなGT-Rとして設計され、
    生産台数も少なく走りの装備以外は
    ほぼオプションということもあり、
    現存するマシンをレストアすることさえ困難と言われるモデルだ。

    当時圧倒的な人気となったプロダクトデザインは、
    日本の巨匠、桜井眞一郎の手によるもの。
    いま見ても美しい。
    前後重量配分のバランスの良さとショートキャビン、
    そこに潜む圧倒的な運動性能が窺える、
    サイドからのシルエットだ。

    脚元はフロントタイヤを ポテンザ RE71・195/50/15、
    リアタイヤを ポテンザ RE01・225/50/15とし
    RSワタナベ 15インチアルミホイールをリメイクし履かせた。
    味のあるチョイスだ。

    細部まで厳しくチェックを受けた、S20型エンジン。
    この心臓は、プリンス時代のレース用エンジン
    GR8型を改良して市販用にディチューンしたエンジン
    当時のクルマ好きたちの憧れを集めた直列6気筒だ。

    このマシンには、
    新車当時、オプション設定されていたラジオが付いていた。
    スイッチを付け、ラジオを愉しむのも気分だ。

    クルマがコンピュータ制御されていなかった時代の、
    日本の名作スカイライン2000GT-R
    手を掛け、メンテナンスし続けてこなければ、
    走りを愉しむことはできない。
    その伝説の走りを愉しむのは誰だろうか
    ここに奇跡の一台が、ある。

    Specs & Equipment

    装備詳細

    モデル年式
    1972年
    登録年
    昭和47年4月
    走行距離
    3,2818km
    修復歴
    あり
    ハンドル
    右ハンドル
    車検
    平成32年2月
    排気量
    2,000cc
    乗員定員
    5名

    スペック

    ミッション
    フロア5MT
    使用燃料
    ガソリン
    ドア枚数
    2
    駆動方式
    FR
    型式
    KPGC10
    車両重量
    1,100kg

    オプションその他

    • RSワタナベ 15インチAW
    • Fタイヤ ポテンザ RE71 195/50/15
    • Rタイヤ ポテンザ RE01 225/50/15
    • Panasonic ETC separate TYPE
    • 2’ owners