Mclaren 675LT

PRICE:
SOLD OUT
Photo Gallery

    Impression

    新車ローンチ後すぐにソルドアウトという、
    幻のマシンが目の前に現れた。
    しかも走行距離約791kmと、ヴァージンのままの姿で。
    なんたる奇跡か、
    登録は2015年8月、
    正規ディーラー車のマクラーレン675LT、
    限定生産500台の3号車である。

    その運動性能はと、スペックを記すこと自体が野暮かも知れない。
    このマシンは 世界のスーパースポーツとして君臨する
    これまでのマクラーレン650SシリーズやMP4シリーズが、
    マクラーレンの求めるスポーツの
    「過程段階」であったと思い知らされるマシンだ。
    つまり別次元のスーパースポーツカーへと進化を遂げている。

    エンジンの50%以上のパーツをリプレイスしたという、
    V型8気筒ツインターボエンジン。
    それは改良と言うよりは、
    スペシャルチューンと呼ぶべき手の入れ方だ。
    技術を明かさない最新のF1マシンのように、
    ポリカーボネイト製エンジンカバーが
    すべてを包み込んでいる。

    リアデザインは、スポーツ性能を語っている。
    2本の675LT専用・チタン製エグゾーストが、むき出しでつけられ、
    あらゆるパーツがカーボン製にされ軽量化が徹底されている。
    エグゾーストの上には、マクラーレン伝説のマシン、
    F1 GTRの愛称ロングテールを
    デザインモチーフとしていることから名付けられた、
    Longtailエアブレーキが鎮座する。

    またこのマシンの本気度は、計り知れない。
    フロントは、MSOカーボンボンネットとし、
    MSOカーボンルーフへと続くデザインコーディネートをしている。
    カーボン製フロントバンパーには、
    カーボンファイバー・スプリッターが取り付けられている。
    これはサイドスカートを通って
    サイド・ラジエーターへと空気を送り込み、
    エンジンの冷却効果を高めるため。
    これならラジエーター重量を増加させずに、
    冷却性能が高められる。
    脚元には、ステンカラーの
    純正19/20インチのウルトラライトウエイトホイールと、
    ピレリ・Pゼロ・トロフェオRが装備されている。

    マクラーレンの名に恥じない最高の性能で、
    サーキットを駆け抜ける。
    白煙でミラーから背後が見えないほど、
    ガス・ペダルを蹴りながら。
    このマシンは、新たなパイロットが現れることを待っている。