6文字の、短いお話。

2013/12/23

イルミネーション.JPG



皆様こんにちは。




クリスマスイヴを目前に控えた
12月23日月曜日、いかが
お過ごしでしょうか。




受付の小林でございます。




いよいよ明日になりましたね。




クリスマスイヴ。




お休みをいただいていた昨日、
有楽町へ行くとどこも沢山の人で
埋め尽くされておりました。




女性物フロアには
沢山の男性が。




男性物フロアには
沢山の女性が。




それぞれクリスマスプレゼントを
選んでいたのでしょう。




毎年恒例の、
とても微笑ましい光景ですね。




今日まで世間は3連休。




「明日からまたお仕事」という方、
多いとは思いますが、明日の夜は
夜景の見えるレストランやバー、ホテルなど、
きっとどこも予約で一杯なのではないでしょうか。




明日は外出業務があり
六本木に行くため、デートを楽しむ
カップルを見て、沢山の「夢」を
分けてもらおうと思っております。




さて、今日は友人から聞いた
ちょっと洒落たお話を皆様にも
共有させていただきますね




そのお話は、20世紀のアメリカに生きた
偉大な作家、アーネストヘミングウェイ
について。



ある日のこと。




ヘミングウェイの栄光を妬む
一人の男が、彼にこう言いました。




「お前は有名な作家らしいな。
なら6文字で人を感動させるような
小説を書いてみろよ。」




そう言われたヘミングウェイ。




その場で書いた世界で一番短い
小説がこちら。




For sale:
Baby shoes. Never worn. 




(販売中:
一度も履かれなかった、ベビーシューズ)




たった6文字の小説。




一度も履かれなかった、
赤ちゃんの靴。





誰が何の目的でその靴を
購入したのだろう?




その靴を履く予定であった
赤ちゃんに何が起きたのだろう?




それを購入したのは若い
幸せなカップルだったのかもしれない。




もしかしたら女性に何か
起きたのか....

 
 

色んなストーリーを想像させる
切なさ漂う6文字の小説。




あなたはどんなストーリーを
思い描きましたでしょうか?




悲しいストーリーばかりが
思い浮かんでしまいますが、
是非ハッピーエンドを導きだして、
そのお話、是非お聞かせ下さい。





今日も外は寒いですから、
お身体には気をつけて、
素敵なクリスマスイヴを
迎えましょう。




それではまた明日、
東麻布1丁目より、
皆様にご挨拶させていただきます。




今日はこの辺で。


























Showroom ショールーム

LIBERALA 麻布

〒106-0044

東京都港区東麻布1ー7ー7

Tel:03-3568-7231

営業時間:10:00~19:00 日曜休業

Stock List

在庫一覧へ

Archives アーカイブ
RSS