まるでサルーンのような魅惑のカリフォルニアT (2014) ☆

2017/02/25

 

 

 

こんにちは^-^

 

 

2月25日土曜日の今日、

いかがお過ごしでしょうか?

 

 

小林でございます。

 

 

今日も空気は冷たいものの、どこか春の匂いが

してくるような、そんな穏やかな光が射しています。

 

 

もう2月もあと数日で終わり、春を思わせる

3月がやってきますね。

 

 

「今年はどこでお花見しようか?」と、早くも

そんな話が出てきているのではないでしょうか。

 

 

春の暖かい風を感じると、秋とは違う、

また別の種類の切なさというものが襲ってきます。

 

 

入学と卒業の時期と重なるためでしょうか。

ずっと同じではいられないし、出会いも別れもあるし、

これからもいろんなことが変わっていくのだと、

そんなことを諭されるからなのかもしれません。

 

 

四季があることによって、いろんな思い出が

記憶の浅いところで何度も彷彿されるようになりますね。

 

 

今年の春は、みなさんどんな風に感じられるでしょうか、、、?

 

 

さて、そんな春を間近に感じている今日この頃でありますが、

今日は、そんな新しい季節に向けて、ドライブが

楽しくなる素敵な一台をご紹介したいと思います。

 

 

今日ご紹介しますのは、2014年式の

フェラーリカリフォルニアTです。

 

 

 

IMG_8990(2)

IMG_8991(2)

 

 

 

フェラーリ・カリフォルニアTは、新規顧客の

開拓に成功したフェラーリ・カリフォルニアの後継車。

 

 

「T」はツインターボを意味し、フェラーリの市販車としては、

約28年ぶりにツインターボエンジンが搭載されています。

 

 

わずか3.6秒で100キロに到達するスポーツ性能が

ある一方で、消費燃料率は従来のカリフォルニアと比べて約15%もアップ。

 

 

”普段使いができるスポーツカー”として、

その存在は確率されています。

 

 

カリフォルニアと比べて見た目が変わったところは、

フロントグリル、ボンネット、エアインテークなどの部分。

 

 

しかし、全体的な見た目は誰もが”カリフォルニア”と

認識できるもので、カリフォルニア本来の親しみやすい

デザインは、そのまま受け継がれています。

 

 

 

IMG_9011(2)

IMG_9012(2)

IMG_9017(2)

 

 

 

インテリアは、白と黒が絶妙にマッチした、

ツートンインテリア。レザー仕上げとなっていて、

内側も手を抜いていません。

 

 

この車はもちろんフェラーリらしいスポーツの

要素はしっかり持っているものの、いざ車を走らせて

みると、その安定感は絶大。

 

 

やはり普段乗りの車として人気があるだけ、

その乗り心地はスポーツカーというよりも、

”サルーン”のような快適さです。

 

 

IMG_8995(2)

 

 

 

2014年式のフェラーリ・カリフォルニアT。

走行距離はまだ13,600kmで、まだまだ元気に走れるお車です。

 

 

普段乗りを何十倍にも楽しませてくれるこの

シックなカリフォルニアTを、ぜひ一度

ご覧になってみませんか?

 

 

皆様からのご連絡、

心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

LIBERALA麻布

Tel: 03-3568-7231

Email: liberala@sales.glv.co.jp

 

小林

Showroom ショールーム

LIBERALA 麻布

〒106-0044

東京都港区東麻布1ー7ー7

Tel:03-3568-7231

営業時間:10:00~19:00 日曜休業

Stock List

在庫一覧へ

Archives アーカイブ
RSS