Mclaren MP4-12C Spider

PRICE:
1,980万円
Photo Gallery

    Impression

    実は、「公道のモンスター」と、
    使い古された言い回しを行うのには、訳がある。
    ひとつは、快適性というモンスターである。
    通常スーパースポーツは、
    高速道路のつなぎ目や轍など、
    官能の代償として多少は快適な乗り心地を
    犠牲にしなければならない。
    しかしMP4-12Cスパイダーは、
    プロアクティブ・シャシー・コントロールが
    すべての道を絹仕立てに仕上げるがごとく、
    ドライバーとパッセンジャーに驚くほどの快適をもたらす。
    その至福は、跳ね上げ式のディヘドラルドアや
    スパイダー専用エキゾーストノートでチューンされた
    咆吼サウンドからは想像できないだろうが。

    そしてもうひとつの公道のモンスターたる所以。
    それは、巨匠フランク・ステファソンが手がけたスタイリングだ。
    スーパーカーと言えば思い浮かべる
    イタリアのライバルたちのような、
    絢爛豪華な華やかさ、インパクトがまったくない。
    フランク・ステファソンによれば、
    あえて狙ったものだと言う。
    機能を追求すればおのずとスーパーカーとして、
    別格のスタイリングが生まれると言うことだろう。
    このマシンが持つホワイトカラーは、
    ボディラインをシンプルかつ機能的に見せている。
    本物は、あえて誇示しないということだろうか。

    わずか80kgという
    カーボンモノセル(CFRP製モノコックタブ)がもたらすものは、
    高剛性と安全性だけではない。
    スパイダーモデルとしてトップ機構を備えたにも係わらず、
    クーペと同等の高剛性を獲得している。
    マクラーレンによれば、それは当然だという。
    通常のマシンは卵の殻で車内を守るモノコックボディ構造であるため、
    トップの有無で重量や剛性の差が生まれる。
    しかしこのMP4-12Cシリーズは、
    レーシングマシンと同じで
    「屋根」がなくても剛性があるデザインとなっている。
    レースで技術が培われたマクラーレンらしいデザインだ。
    そのうえでドライバーを保護する
    パッシブ・ロール・オーバー・プロテクション・システムを
    備えている。

    フロント19インチ、リア20インチの
    TPMS付純正アルミホイールを履き、
    エアブレーキと
    タイヤプレッシャーモニタリングシステムを備えた脚回り。
    インテーク・サウンドジェネレーターが放つ咆吼を味わう。
    バックミラーには、
    後塵を拝するあまたのクルマたちが映ることだろう。
    なにしろこのモンスターを超えるスパイダーは、
    マクラーレン・ファミリーにしかいないのだから。

    ステアリングも、シンプルだ。
    スイッチ類は一切なく、
    ただパドルシフトとフォーンだけである。
    フランク・ステファソンによれば、
    F1などのレーシングマシンはコックピットが極端に狭く、
    ステアリング上にスイッチ類を置くしか仕方がない。
    しかしこのマシンは「公道車」だから、
    一般のドライバーがステアリング操作に集中できるよう、
    スイッチ類を排除したと言う。

    レザースポーツ(シルバー)インテリアのストイックな室内には、
    メリディアン・サラウンド・サウンドシステム、
    ディーラーオプションのメモリーナビ(Panasonic製)、
    バックカメラ、
    そしてスマートフォンのように通話やネット検索ができる
    IRISが備えられている。

    当然だが、公道ではF1マシンは操れない。
    たとえレーシングマシンを所有し
    サーキットを駆け抜けることができても、
    マシンをメンテナンスし、
    維持し続けるためには多大な負担がでることだろう。
    このマシンなら、日常的に公道を快適にドライブし、
    環境が整えば本物のレーシングマシンの性能を堪能することができる。
    さらにピットストップしたF1マシンのように、
    迅速で充実したメンテナンスや専用のロードサイドサービスが受けられる。

    私たち一般のドライバーに、
    F1コンストラクターとして培った能力をすべて提供してくれるブランド、
    それがマクラーレンに乗ると言うことだ。
    そんな限られた悦楽を享受する新たなオーナーを求めて、
    マクラーレン・MP4-12Cスパイダーが降臨した。

    Specs & Equipment

    装備詳細

    モデル年式
    2013年
    登録年
    平成25年1月
    走行距離
    5,400km
    修復歴
    なし
    ホワイト
    ハンドル
    左ハンドル
    車検
    平成32年1月
    排気量
    3,800cc
    乗員定員
    2名

    スペック

    ミッション
    7速SSGデュアル・クラッチ式
    使用燃料
    ガソリン
    ドア枚数
    2ドア
    駆動方式
    MR
    型式
    ABA-MP4-12CS
    車両重量
    1,480kg

    オプションその他

    • 純正ナビ
    • パワーステアリング
    • パワーウィンドウ
    • エアーバック運転席/助手席
    • F:19インチ R:20インチアルミ
    • ABS
    • 正規輸入車
    • 新車時保証書
    • 定期点検記録簿
    • プロアクティブ・シャシー・コントロール
    • ディへドラルドア
    • メリディアン・サラウンド・サウンドシステム
    • カーボンモノセル(CFRP製モノコックタブ)
    • エアブレーキ
    • スパイダー専用エキゾーストノート
    • パッシブ・ロール・オーバー・プロテクション・システム
    • ディーラーオプションメモリーナビ(Panasonic製)
    • タイヤプレッシャーモニタリングシステム
    • バックカメラ
    • インテーク・サウンドジェネレーター
    • レザースポーツ(シルバー)インテリア
    • IRIS
    • TPMS付純正 アルミホイール