Lamborghini Gallardo LP560-4

PRICE:
1,598万円
Photo Gallery

    Impression

    書籍でもWEBでも、
    スーパーカー特集と言えばかならずと言っていいほど
    表紙を飾り続けたマシンがある。
    サンタアガータのレイジングブル、
    ランボルギーニだ。
    この一族においてガヤルドは、特別な存在だ。
    2003年から10年間の生産で、
    累計1万4022台という、
    スーパーカーとしては途方もない数のマシンが生産された。

    これほどの生産数を数えながら、
    マーケット的にさほど流通しているとは言えない。
    コレクションマシンとおぼしき、
    コンディションの優れたマシンが
    勇ましい姿をかいま見せるだけだ。
    今回はそんな一台をインプレッションしたい。

    2009年モデルのこのマシンは、
    直噴型V10を採用とクランクシャフトの形状を変更し、
    フェイスリフトを敢行した、
    後期型ガヤルド。
    厳密にはこのマシンの後、2012年も再度フェイスリフトを
    行っているが、メカニカル的には大きな違いはない。

    またこのマシンは、
    脚元に鍛造コーディリア・アルミホイール(ポリッシュ)を履かせ、
    カーボンセラミックブレーキを備えている。
    さらにホワイトウインカーと、
    フロントリフティングを装備している。

    またガヤルド誕生5周年記念に15台だけ発売された
    特別限定車にも採用されていた、
    ガラス製エンジンボンネットも備えている。

    さらにインテリアは、ブランディングパッケージと
    レザーパッケージがセレクトされており、
    シートドアパネル、ルーフライニングには
    ダイヤモンドステッチが施されている。

    センターコンソールのランボルギーニのロゴが、
    2トーンカラーのインテリアに輝く。
    ブラックとレッドの室内空間は、
    自らの道を突き進むオーナーの獣の匂いを待ちわびている。

    このV10の咆哮は、
    ウラカンへと受け継がれた。
    そんな今こそ、問いたい。
    名門フェラーリの秀作V8シリーズに真正面から
    戦いを挑んだガヤルドという挑戦を。
    そこにはライバルの後塵を追わず、
    オリジナルとして挑戦した孤高の存在価値が輝いている。

    Specs & Equipment

    装備詳細

    モデル年式
    2009年
    登録年
    平成21年4月
    走行距離
    22,480km
    修復歴
    なし
    NERO NOCTIS
    ハンドル
    左ハンドル
    車検
    平成30年6月
    排気量
    5,200cc
    乗員定員
    2名

    スペック

    ミッション
    6速 eギア
    使用燃料
    ガソリン
    ドア枚数
    2ドア
    駆動方式
    4WD
    型式
    ABA-GECEH
    車両重量
    1,610kg

    オプションその他

    • 社外HDDナビゲーション
    • テレビ/DVD
    • 革シート
    • パワーステアリング
    • パワーウィンドウ
    • エアーバック運転席/助手席
    • 純正19インチアルミ
    • ABS
    • 正規輸入車
    • 新車時保証書
    • 定期点検記録簿
    • 鍛造コーディリア アルミホイール(ポリッシュ)
    • ブランディングパッケージ
    • レザーパッケージ1
    • ガラス製エンジンボンネット
    • ダイヤモンドステッチ (シート・ドアパネル・ルーフライニング)
    • 2トーンカラーインテリア (ブラック&レッド)
    • フロントリフティング
    • ホワイトウインカー
    • カーボン セラミックブレーキ
    • カーボンサイドロッカー