Ferrari F355 Berlinetta F1 Fiorano Handling PKG

PRICE:
ASK
Photo Gallery

    Impression

    パワステやセミオートマを備え、
    世界的に空前のヒットとなったフェラーリ
    F355ベルリネッタ。
    全面再塗装され、
    ビアンコ・アブスの高貴な輝きを得た
    正規輸入モデルが登場した。

    F355のヒットは、
    スポーツカー特有の重いステアリングと
    繊細さが要求されたシフト操作を無くしたこと。
    不得意とされたストップ&スタートの多い
    市街地のドライビングの問題を解決し、
    新たに女性ドライバーを獲得したことでヒットした。
    その魅力は、いまの都心でも実用で走ることができる、
    スーパースポーツカー、ということだ。

    フロントのヘッドライトは、
    スーパーカーの代名詞となったリトラクタブル方式となっている。
    またテールエンドは、
    空気抵抗を考えてダックテール状に処理されている。
    またこのマシンでは、
    フィオラノハンドリングパッケージがセレクトされており、
    サスペンションのセッティング変更、
    ドリルドタイプディスクブレーキの採用、
    17インチから18インチにアップした
    マグネシウム合金製ホイールが採用されている。

    またインテリアは、
    純正オプションのカーボンバケットシートがセレクトされている。
    ホールディングの良いシート、
    タイトな空間で、
    ミッドシップのリトルフェラーリを操る。
    ドライバーとマシンが一体となった、
    走りの至福が生まれる。

    1999年のF355、
    このモデルは、
    コーンズが販売する正規輸入車のラストモデルとなっている。
    それは刻々とマイナーチェンジを重ね
    改良が続けられるフェラーリにおいて、
    F355というモデルの到達点ということになるかも知れない。

    フェラーリは、車齢20年を超えるロードゴーイングカーと
    すべてのレーシングマシンに、
    歴史的価値を証明するフェラーリ・クラシケを発行している。
    その認定は、純正部品を使っていること、
    そしてフェラーリの認めるコンディションを
    維持し続けていることが条件となっている。
    このマシンにとっては、あと4年。
    クラシケの視点から考えて、
    いまこのマシンのオーナーとなる価値は、
    あなたにはどのように見えるのだろう。

    Specs & Equipment

    装備詳細

    モデル年式
    1999年
    登録年
    平成11年2月
    走行距離
    30,680km
    修復歴
    なし
    ビアンコ アブス(色替)
    ハンドル
    左ハンドル
    車検
    平成30年6月
    排気量
    3,500cc
    乗員定員
    2名

    スペック

    ミッション
    F1マチック
    使用燃料
    ガソリン
    ドア枚数
    2ドア
    駆動方式
    MR
    型式
    E-F355B
    車両重量
    1,470kg

    オプションその他

    • 革シート
    • パワーステアリング
    • パワーウィンドウ
    • エアバッグ運転席
    • アルミホイール
    • ABS
    • 正規輸入車
    • 定期点検記録簿
    • フィオラノハンドリング パッケージ
    • Sportsカーボンバケットシート
    • XRシャーシ
    • タイヤ&ローター4枚交換
    • タイミングベルト交換済み
    • エンジンマウント一式交換済
    • clutch残85%
    • 重整備しました